忍者ブログ
自由気ままに勝手な事を書いていきます♪
カテゴリー
* 日々の中で(45) * HP(4) * 特撮・アニメ(0) * 音楽(0) * ゲーム(0) * 未選択(6) * ギャンブル(1)
  カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  フリーエリア
  フリーエリア
  フリーエリア
  最新コメント
[11/25 小鳥遊]
[11/21 小鳥遊]
[11/01 小鳥遊]
[10/29 小鳥遊]
[10/21 小鳥遊]
  プロフィール
HN:
室ちゃん
性別:
女性
職業:
無職
自己紹介:
            仕事に就けない
                不良中年
  最新トラックバック
  最古記事
  バーコード
  カウンター
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
2017/06/25 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/06/24 (Wed)
今日は付き添いで病院に行きました。
あいにくの雨。
それも結構な降りでした。

病院に着くと玄関の前にはもうボランティアの方達が。
車でついた患者さん達が少しでもぬれないように大き目の傘を差し掛ける、かさ袋を手渡す。

また、帰りにはタクシーが必要な方のために運転手さんに声をかけ停めてあげたり。
乗り込むのに介助が必要な方を手伝ったり。
車に乗るまでは病院の車椅子を使用していた方のために片づけをしたり。
頭が下がります。本当にありがたいです。

けれど、当たり前のようにしている患者さんが幾人か。何だか悲しくなります。
「ありがとうございます。」と言う一言。
大きな声でなくても一言あったらなって。
見ていただけの私だけど思ってしまいました。
なのでここで言えなかった人達の代わりと私自身の感謝を込めて。

「病院ボランティアの皆様、本当にありがとうございます。」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
病院の付き添い、ご苦労様です。
さて、今回のエントリーと関係があるのかどうなのか計りかねますが、私はホームヘルパーの2級を持っています。
この話は、あるいはしたことがあるかもしれません。

「ありがとうございます」・・・
ええ、言われて嬉しい言葉ではあります。
しかしながら、様々な利用者の方を見ていると、言葉を頂くのは酷かな・・・と思うケースは少なくありませんでした。。

現実問題、私が資格を取った10年近く前などは、ワーカーが「利用者さんのお役に立てるのが喜び」などと言っても、大手のワーカー業者さんの経営者などは「礼を求めているのは半人前。お金のために全てを割り切るのがプロ」などとのたまってもいました^^;

介護ビジネスも今は発展産業と言いにくい部分も出てきましたね。もちろん、産業と片付けられる分野ではないのですが。
小鳥遊 2009/06/27(Sat)06:38:23 編集
う~む・・・
コメントありがとうございます。^^
体調が悪くて病院に来ていらっしゃるのだから、一言を言うのも無理な事ありますよね。考えが足りませんでした。反省。

私も一時は介護関係の事務を目指していました。
しかし、かなり厳しい業界である事は認識してましたが、そういう経営者がいるとは考えもしませんでした。
商売である以上、仕方の無い事かもしれませんが使われる方としては悲しいかもしれませんね。
2009/06/28(Sun)23:46:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *